太陽光発電

ここ数年の間に太陽光発電システムを導入する方が増えてきたといいますが、やはり災害などを通した意識の変化は多くの人を行動させたようで、現在も太陽光発電システムを導入する方は増加傾向にあるそうです。そんな太陽光発電システムを導入する際チェックしておきたいのが設置する場所の周辺環境で、環境によってはどんなに良いソーラーパネルでも性能を発揮する事が出来ないので色々と工夫を凝らさなければいけないそうです。そんなソーラーパネルに向いている環境とはどのような状況なのでしょうか。
ソーラーパネルに利用されている素材には色々な種類がありますが、それぞれ得意分野と苦手分野があり、ソーラーパネルを設置する際はそういった得意分野と苦手分野を考慮しておく必要があります。例えばシリコンタイプのソーラーパネルは太陽光の吸収率が非常に高いため多くの発電量を期待する事が出来るのですが、その代わり曇りや日陰が指した場合は著しく性能が低下してしまいます。その点化合物タイプは発電量はそれほど大きくはないものの日陰や周辺温度の上昇などがあってもそれほど性能を落とさずに稼働し続ける事が出来るので、設置する場所に日陰が差しやすい環境のときはシリコン系を利用しないほうが発電量を確保する事が出来るはずです。

太陽光発電のメリットデメリットに関する記事はこちら

ナンパのテクニック