太陽光発電

太陽光発電システムは非常に長い間太陽光からエネルギーを吸収して発電し続けるそうですか、そのため太陽光発電システムも経年劣化に耐え切る事が出来ないそうです。そのため太陽光発電システムを導入してからしばらく経った後はパーツ交換などを行う必要があるそうですが、一番初めに交換する事になるパーツはパワーコンディショナーと呼ばれるパーツで、初めての交換時期はおよそ10年程といわれていますが、ソーラーパネルが故障する時期とは一体どのあたりのことなのでしょうか。
太陽光発電システムに利用されているソーラーパネルの寿命はおよそ20年から30年と言われています。そのためパワーコンディショナーを交換した後でもある程度は使い続ける事が出来ますが、故障までは行かなくても性能低下が起こる可能性は非常に高いので、パワーコンディショナーン交換が必要になるくらい使い続けたと言う場合はいっそのことソーラーパネルまで全て取り払って全てのパーツを新しくした太陽光発電システムを導入すると言うのも一つの手です。10年も過ぎていれば太陽光発電システムも新しくなっているはずなのでひょっとしたら相当安くなっているかも知れませんし、もっと性能が良くなっているかもしれません。


太陽光発電のメリットデメリットに関する記事はこちら

ナンパのテクニック