太陽光発電

太陽光発電は広大な土地を利用する産業用太陽光発電システムから一般家庭の屋根に設置して毎月の生活費を助ける家庭用のものまで色々な種類を目にする事が出来ますが、太陽光発電は他の発電システムよりもメンテナンスの手間が省けるといいます。放置しておくだけで発電する事が出来るので深いことを考えずにいても大量の発電量を確保する事が出来るのは嬉しいところですが、それでも数十年単位となると性能は低下するので、定期的なメンテナンスはどうしても必要になってくるそうです。
太陽光発電のメンテナンスは基本的には故障したパーツの交換修理を行なう事になるそうです。良くソーラーパネルが汚れて発電量が低下してしまうといいますが、実際には雨などによってソーラーパネルの汚れは大抵取る事が出来るので、クリーニングなどはよっぽど汚れていないとしなくても問題ないそうです。パーツの寿命はパワーコンディショナーと呼ばれるパーツが10年ほど、ソーラーパネルは20年以上持たせる事が出来るので、基本的にはパワーコンディショナーのメンテナンスを中心に行わないと長い間太陽光発電システムを利用するのは難しいようです。これから太陽光発電システムを導入すると言う方はメンテナンスについても考えておきましょう。

太陽光発電のメリットデメリットに関する記事はこちら

ナンパのテクニック