太陽光発電

4月22日はアースデイでした。

太陽光発電も当然ながら再生可能エネルギーとして地球環境を考える意味では
その一翼を担っている商品と言えるのではないでしょうか。

体力発電を設置するには大きな電力を必要とする場合、それなりに大きな土地が必要となります。

環境団体等からの指摘があって面白いなと思うのは、

この広大な接地面積を要すること自体、逆に自然を失うと言う意見もあるようです。

そう考えると、今の日本の住宅事情における屋根に設置するソーラーパネルというのは
国土の小さい日本、あるいはこういった環境団体からの指摘に対して
非常に理にかなっている商品と言えるのではないでしょうか。

今あるスペースを有効に活用する、環境にも配慮する、
こういった観点で考えれば、全く悪くない施策と言えるのではないでしょうか。


ソフトバンクが、屋根を買い上げると言う発想を持って
ソーラーパネルを各家庭に設置していますが、この方法は
賛否両論色々ありますが、非常に良いことであると言えると思います。

アースデイという観点からいろいろなものが見えてきますが、
今後世界規模で見れば、水であったり燃料であったり逼迫してくる状況が予想されるのは間違いありません。

特に日本では資源が乏しいと言われています。

ここ数ヶ月の報道で、海中に眠る再生可能エネルギー
レアアースであったり泥に含まれる燃料であったり
様々な可能性は出てきていますが、しかし1つ言える事は
すべて消費してしまうものであるということ、これは間違いありません。


エネルギーが枯渇するという状況は、もしかしたらこの先非常に深刻な事態を迎えると思います。

太陽光発電などの自然を利用したエネルギー、風力発電もそうですが
今ある力をエネルギーに変えられる、そういった取り組みは
導入コスト云々ではなく、今後真剣にそれも世界レベルで考えていかなければいけないことなのかもしれません。

>>>太陽光発電のメリットとデメリットはこちら

ナンパのテクニック