太陽光発電

太陽光発電の買取システムは、
一般家庭は全量買取制度が行われていません。

あくまでも自宅で電力を消費し、
その余ったものつまり余剰電力となりますが、
この分を買い取ってもらうということになります。


買取金額が2012年度から2013年度になり、
価格が変更となりました。


簡単にてしまえば今までよりも安く買い取ってくれる、
つまり一般ユーザにとっては少しそんな価格となっています。


では太陽光発電を取り入れるのに当り
大きなニュースかと言われると、そこまで深刻ではないと言えるのではないでしょうか。

一般的な経済紙では論調をまとめると、
1キロ42円から38円への変更というのはまだまだ設置する側に有利な金額
という見方が強いです。

太陽光発電も、今後の普及を見込むと
おそらくどこかでそれほどオトクな商品ではなくなるという日が来る事は間違いないと思います。

ですから、採算ラインと言われる金額というのは常にチェックしておいた方が良いと言えるのではないでしょうか。


特に工業誘致、つまり全量買取制度が適用となるような
企業や学校といった広い面積に設置を考えている方に関しては
最初の設備投資額が大きい分、 1円2円の変動では回収ラインが大きく変わってきてしまいます。


この辺をしっかりと見定めることで、導入時期の検討というのはしていくのが賢いとは言えますが、
現状で言うと早期に導入した方がメリットが大きいのは間違いありません。

買取金額が二束三文にならないうちに導入しておくことをお勧めします。

ナンパのテクニック