太陽光発電

中国太陽電池最大手のサンテックパワーが倒産という憂き目に遭いました。

サンテックパワーといえばサンテックパワージャパンという日本の企業もあります。


インターネットの検索結果でもこの辺の関連キーワードが非常に検索数が伸び、
サンテックパワージャパンのパネルを設置しているユーザーさん、
あるいは今から太陽光発電を設置していこうと考えていらっしゃる方には
非常にショッキングなニュースだったのではないでしょうか。


こういったことが起こったとき、やり気になるのがメーカーの保証という問題です。


そもそも太陽光発電は、パネルを設置してからの回収をするにあたり
10年から20年は最低でもかかるという商品です。


10年から20年も経てば経済は大きな変動を迎えることが一般的ですから、
当然のことながら今回のように大さんするような会社というのは出てくることでしょう。


これはパネルの製造メーカーだけに起きる問題ではなく、
設置施工を請け負った販売店や工事店の倒産という問題もあるでしょう。


現在の太陽光発電はパネルメーカーの保証と販売店の保証、工事店の保証とでは、
内容が異なっているのが現実です。

この辺しっかりと対応をしてくれるのかが不安になりますが
今回の場合はメーカーですから資本力もあり引き継ぐという会社を出てくれるでしょう。


ただし、資本力のない販売店工事店というのが、
すべての保証できるかというと疑問です。


こういった工事の保証、適用範囲、
あるいは倒産後のアフターケアなども含めて考えていかなければいけないのが
体力発電の導入と言えるのではないでしょうか。


>>>太陽光発電のメリットとデメリットはこちら

ナンパのテクニック