太陽光発電

新幹線で東京から名古屋大阪方面へ向かう道工業都市である静岡を通ります。

この静岡は日本の中でも非常に温暖な地域とされ、
太陽光発電の設置には適していると言われています。

太陽光発電の発電効率を考えると、
必ずしも気温が高い事は関係なく、 1年を通してどれだけ日照期間があるか
が重要になってきます。

そういった意味では年間を通して暖かく
太陽の恵みをふんだんに受けている静岡県というのは
太陽光発電のソーラーシステム設置には非常に条件が整ってるといえます。


これはよく考えるとこの地域が工業地帯となっていることとも
関係があると言えるでしょう。

つまりこの静岡界隈の、多くの企業の工場、あるいは物流システム等の
配送管理センター等、非常に太陽光パネルの設置に有利な条件の
建物がそもそも多く存在しているということも言えるでしょう。

この企業に対して、体力発電の設置を促していきたいというのは当然政府の中でも思惑があり、
全量買取制度などはそれの典型と言えるのではないでしょうか。

新幹線で窓を眺めていると、まだまだ太陽光が設置できる場所というのは
あると思います。


広大な敷地が空いているというところを、
行政、特に地方自治体が積極的に買い上げるなどして
県土地の有効活用というのも経済政策における1つの有効な手段と言えるのではないでしょうか。


せっかくの土地をなんの有効活用もできずにいる土地所有オーナーも
きっと喜んでくれることだと思いますので、ぜひとも促進していただきたいですよね。


>>>太陽光発電のメリットとデメリットはこちら

ナンパのテクニック