太陽光発電

以前は太陽光発電の導入自体にものすごく高い金額が必要でした。

現在は、CO2削減問題や原発問題の影響もあり、政府が太陽光発電の導入を積極的に後押ししていますので、
導入コストはこの3年で見てもかなり安くなっているのは間違いありません。

「20年で初期費用を回収」と言われていましたが、現在は「10年で回収可能」なところまで
価格が安くいなっていますので導入にデメリットが非常に少なくなってきました。

補助金は4月に新たに予算組がされるのは現状ではほぼ間違いありません。
2013年以降も補助金が延長されるのは間違いありませんが、恐らくパネル価格の下落に伴い、
ある程度普及品という位置づけになる数年後には補助金は打ち切りになるではと予測が出来ます。

補助金は導入を推し進める目的がありますから、パネルの導入が当たり前になれば、
補助金の意味はなくなります。普及品といえども工事が必要なものですから、
ここから大幅な下落というのは考えづらいので、2014年の補助金打ち切りもあり得ます。

そう考えるとこの1年以内、2012年度、2013年度での設置は加速すると思われますので、
導入をご検討の場合は今が最も導入しやすい環境にあるといえるかもしれません。


太陽光発電システムは家の向きや屋根の形状によって発電効率に違いが出てくることから、

「太陽光発電が良い」と考えるよりも「あなたの家に太陽光発電が良いか?」

と個別に考えた方が良い商品です。

家電量販店が大量に仕入れ販売していたりしている影響もありあたかも安く感じられますが、
「その家ごとに最適なパネルはどれか?」というのはかなり違ってきます。

どのメーカー、どの品番が良いという家電製品というよりも、オーダーメイド商品と考えましょう


この辺りは設置専門家に見てもらう必要がありますので、
優良な業者に出会うことが太陽光発電導入の最も大事なポイントになるのではないでしょうか?


間違っても家電量販店や訪問販売などで、導入を考えないことをおすすめします。





元々国内のソーラーパネルの市場をけん引していたメーカーは

・京セラ
・サンヨー(パナソニック)
・三菱
・シャープ

の4社でしたが、海外から世界的主要メーカーである

・カナディアンソーラー
・サンテックパワー

といった企業が日本市場に参入。

CMでも有名なソーラーフロンティアなどの新興企業も増え
品質の向上と価格の下落という設置する私たちにとっては嬉しい状況に。

一方で数が増えた今、どのメーカーを選ぶか?というのは
選択肢が増えた分、選らぶのが難しい状況になりました。

ズバリ、どのメーカーが良いのか?という疑問は当然のことながらありますが、
家の向きや屋根の大きさや形状、設置するパネルの量によって最も良いパネルメーカーが異なってきます


つまり太陽光発電はその家ごとによってかわるオーダーメイド商品なのです!
CMを良くやっているからソーラーフロンティアが良い!ということではありません!





太陽光発電システムを導入する際、関わりを持ってくるのが販売店や工事店です。

大手家電量販店でも太陽光発電システムの導入できますが、
工事を請け負うのは施工業者の場合がほとんどですからこの場合は販売店と工事店が違うということになります。

パネルの販売と設置工事までを一緒に行う会社ももちろんあります。


ここで大事になってくるのは保証という問題です。

これは販売と工事が一体かどうか?が重要ではなく、

・メーカーの正規資格のない施工業者はメーカー保証がつかない
・施工保険に未加入の施工会社の工事は、工事保証がつかない


という点をしっかりと念頭において工事店選びをして下さい。


パネルの販売だけを請け負っているという販売店はよくあります。

この販売店はメーカーの正規代理店である場合、パネルに不具合が起きても保証は受けられます。
メーカーからの保証ですね。いわゆる製品不具合です。

しかしながら、この工事を請け負った会社が施工保険に加入しておらず、工事の際に不具合があった場合には
メーカーは保証をしませんというスタンスです。


各メーカー、設置にあたり施工研修などは行っていますが技術向上のために参加しているかどうかは
工事会社のスタンスによって異なってきますので難しいところです。

メーカーによっては研修がないと施工資格を与えないメーカーなどもありますので、
その辺りは十分に確認をとることをおすすめします。

太陽光発電は通常であれば20年以上は大きなメンテナンスをすることのない商品になります。
一方で20年もすれば潰れる工事業者も多数あるでしょう。

設置後のメーカー保証や、設置後の保証を受け継ぐ会社など
万が一のトラブルの際はどうなるのか?という点も確認しておきましょう。





訪問販売でのトラブルは非常に増えているのが現状です。
まず1社のみで選ぶという選択はやめた方が良いでしょう。複数の見積りをとって下さい。

その際にインターネット上でよくある一括見積りサイトを利用するのですが、
ここで注意が必要になります。


一括見積りサイトは大小さまざまなサイトがあります。

複数の会社から見積もりを取るという意味ではどのサイトを利用しても同じです。


しかし、

・どんな会社でも登録OKの一括見積りサイトよりも、
・過去にトラブルを起こしている会社やメーカーの非正規販売店は登録させない一括見積りサイト


では当然のことながら後者を選ぶでしょう。

独自の厳しい基準を設けているサイトがありますからそういったサイトであれば安心して見積りをとることができます。

【補助金についてのアドバイス】

補助金は国・県・市というように多くの地域が3つの補助を受けられる可能性があります。
金額は各都道府県、あるいは市区町村のホームページを見ればわかるのですが、各自治体の補助金額を調べる必要はあまりありません

この金額は予算に限りがあるので申請順の早い者勝ちです。また適用されるには条件があるため、補助金は必ず受けられるかはわからないのですが、この辺りの適用条件や申請方法、それに伴うパネルの提案などをぜひ見積り先の担当者から提案を受けて下さい

逆にこの提案が出来ない会社や1つのメーカーばかり押してくる会社は敬遠したほうが良いでしょう。


こちらにあげている4つの一括見積りは厳しい審査をパスした優良な会社が揃っているのでおススメです。
通常、一括見積りは1つのサイトを利用しますが、例えばタイナビには登録があるけれどグリーンエネルギーナビには登録がない優良な会社というのもあります。

太陽光発電の導入で最も失敗した!という声をいただくのは多くの場合が販売店、工事店の問題です
工事も伴う大きな買い物ですから、失敗しないよう納得のいく会社にお願いするためには最低でも2つ以上のサイトを利用して複数の見積りをとり、しっかりと話を聞いて工事店を選ぶことをおススメします。

タイナビ太陽光発電

メディアにも取り上げられ実績急上昇中!

テレビCMやWEB広告などの効果もあり、シェアがものすごい勢いで伸びてきたサイトです。登録業者数も伸び、大手企業も多く登録していることで安心感は大きいのではないでしょうか。昨年度、最もユーザーが利用したサイトとなりましたので今は最も信頼のおけるサイトと言って良いでしょう。

太陽光発電ガイド太陽光発電ガイド

初心者でも入力しやすいサイトの使いやすさが魅力的!

太陽光発電の見積りをする際、設置面積であったり、屋根の勾配であったりと難しいと感じる方も多いと思います。このサイトはそこまで入力の必要がなく見積りを取ることが可能です。各社より見積りを揃える場合はどちらにしても業者のヒアリングが入るわけですから、入力のめんどくささを省いてくれるこのサイトは、ユーザーに目線をあわせてくれているサイトと言えるでしょう。もちろん優良業者が揃っています。

グリーンエネルギーナビバナー原稿 234×60 (110824)imp

厳しい基準のおすすめサイト!

グリーンエネルギーナビさんに登録しているのは、ソーラーパネルメーカーから認定を受けている施工業者。そういった施工業者がサイト上に紹介されていて事前にわかるのが最大の魅力です。
厳しい審査をパスしていますからユーザーとしては安心できますね。ただし厳しさゆえに登録業者がちょっと少ない地域もあるでしょう。そういう場合は上のタイナビさん、太陽光発電ガイドさんも利用してみてなるべく多くの優良業者さんから見積りをとりましょう。

太陽光発電一括見積り.com

上2つで納得いくところがなければこのサイトを利用します

上記のおススメ2サイトに比べると、登録業者さんがわからないという点で一歩下がるという印象です。
しかし、対応そのものや数では劣りませんので、もしタイナビさん、太陽光発電ガイドさん、グリーンエネルギーナビさんで対応業者さんが出てこない場合にはご利用されてみてはいかがでしょうか。また、慎重を期する方は、このサイトも含め3つすべてのサイトを利用することをおススメします。

産業用(10Kw以上)はこちら

産業用や敷地面積が大きい場合はこちらの見積りをご利用下さい。

太陽光発電ガイド太陽光発電ガイド

戸建用と同じフォームで産業用の選択ボタンを押すだけ。入力が簡単!

産業用となると設置面積は広くなりますので、簡単な見積りではなかなか詳細が出ませんよね。最初からしっかりとした見積りありきだと思いますので面倒な入力は必要ないと思いますので、こちらのサイトをおススメします。

ナンパのテクニック